マイケルジャクソンを性犯罪者だと思っている人へ

このサイトは普段ならマイケルファンしか訪れない所です。
なので今まで、「マイケルは犯罪者じゃない」という内容はバカバカしくて掲載していませんでした。
少し調べればすぐに嘘だと分かるからです。

しかし今、マイケルが亡くなり、たくさんの人が彼に興味を持ってページを開けてくださっています。
マイケルに関しては様々な誤解がありますが、一番許せない事は彼が多くの人に犯罪者だと思われていることです。
この機会に少しでも多くの人の誤解を解ければ…と思って急遽このページを書くに至りました。

ところで皆さんは、どうしてマイケルは少年に性的虐待をしたと思っているのでしょうか。
おそらく、テレビや新聞で見聞きした、もしくはそういった友達から話を聞いたからだと思います。
マイケルは1993年と2003年に、少年に性的虐待を行ったとされて訴えられました。
93年の件は多額の金銭を払うことで和解、2003年の件は長い裁判の末、無罪判決が出て決着がつきました。
この事は大々的に報道されましたが、訴えた側の家族がその後どうなったかは知らないでしょう。
まず、93年にマイケルに虐待されたと証言した少年は、現在「父親に薬やダンベルの重りを使われて無理矢理証言させられた。」という旨の裁判を起こしています。
2003年に裁判を起こした少年の母親は、経済的に苦しいと偽って多額のお金をだまし取った疑いで有罪判決が出ています。
いずれも、最初の訴えが架空のもの、金目当てのものであることを裏付ける証拠となりえます。
逆に、マイケルが犯罪を犯したことを裏付けるような証拠は一つもありません。
多くの証言は調査の結果否定されるか、その前に明らかな矛盾が指摘されます。
どうしてこのことは報道されないのでしょう。
つまらないからです。
マイケルを異常な少年愛者だと吊るし上げた方が視聴率が上がり、記事が売れ、お金が動くからです。
実はそれぞれの裁判に関してもっと詳しい本が出ています。
93年の件については日本語の資料が少なく、以前「Was Michael Jackson Framed?(マイケルは嵌められたか?)」といった名前でとても詳しい記事の日本語を掲載していたサイトがあったのですが、
今は読めません。ですが、私が夏休みの間に翻訳して掲載しようと思っています。
03年の件に関しては「マイケルジャクソン裁判」という名で日本語でも出版されて、購入する事ができます。
どちらも、テレビの言う事よりずっと正確で根拠があり、そしてあまりにもばかばかしい裁判だった事が分かると思います。
しかし、テレビの言う事より難しくて、退屈で、全部読む気はしないと思います。
それが報道されない理由です。実感出来るはずです。

マイケルが「女性が好きな男性」ではないという憶測は、スリラーがヒットした時期からありました。
性転換手術を受けたという噂が広まったのです。
さすがにそれは嘘だと分かりますよね。ではどうしてこんな話が出て来たのでしょう。

マイケルに関する単純な事実をこれから述べます。
彼は細くて華奢な体をしています。
高くて甘い声をしています。
大きな目を持ち、いつもそれを強調するメイクをしています。
他の多くの男性歌手に見られるような、性的に露骨な表現をせず、あまり女性に興味がないような印象を受けます
やさしい喋り方で、攻撃的な様子を見せる事がほとんどありません

確かに、女性らしい印象は受けます。
でも実際に同性愛だとか、性同一症といった根拠には何もなりません。
皆さんの周りにも女性らしい男性、男性らしい女性も居ると思いますが、だからといってすぐに「あいつは同性愛だ」とからかうことはしませんよね。
そう言う人は、とても失礼で、低俗だと思いませんか。
性転換手術の噂は、それを公的な場でやったことと同じ事です。
マイケルはもちろん不快に思い、それを否定しましたが、それでも彼を女性とみなすようにからかう人は多かったのです。

マイケルは子供が大好きです。端から見れば、彼の子供への執着は異常に感じられるかもしれません。
彼はその事をこう説明しています。
「僕は子供の時ずっと働いていて、子供らしい時間を過ごせなかった。だから心はずっと子供のままでいる。今は子供時代の埋め合わせをしている。
世界には僕と同じように子供らしい時間を過ごせない子供が沢山いるから、彼らを少しでも助けてあげたい。」

皆さんが子供だった時を思い出してください。
「これから食べて行けるかな」「突然捨てられたらどうしよう」「ここは空気読むべきかな」
なんて心配もせず、悩みの種と言えば薄っぺらい教科書ぐらいで、いつでも夢中になって、疲れ切るまで遊んでいた人がほとんですよね。
マイケルは違います。
5才のときから毎日歌とダンスの練習をして、12才の頃には何億人もの人に注目されていました。
遊ぶ暇もなく働き詰めで、動きの一つ、音程の一つ、発言の一つに常に神経を配り、
少しでも狂えば、暴力を振るわれることもありました。
子供は数年経てばすぐに成長するものですが、人々はマイケルの成長を認めませんでした。
ニキビができること、声が変わること、背が伸びること、顔が大人びて行くこと、
全て当たり前の事なのに、ずっと「かわいいマイケル」であることを望みました。
それでも、彼の心は上手く成長しないまま、体は大人になりました。
そしてある日、テレビに映った貧しい子供達の顔にハエがたかっている様子をみて、
涙を浮かべながら「将来絶対この子達のために何かする」とお母さんに言ったそうです。
マイケルと彼らには大きな共通点があります。それは「子供らしい時間が過ごせないこと」です。
私は普通の子供だったので、想像するには限界があるのですが、
子供時代を失うと、その後の人生にずっと大きな穴があいて、どうしても埋められないそうです。
マイケルは彼らを少しでも励まそうと色んな活動をしました。
彼と同じく、子供の頃から芸能人だった人のために、貧困や戦争に苦しむ子供のために、難病で思う存分遊べない子供のために、両親を亡くした子供のために、豊かでありながら心が愛で満たされていない子供のために、
歌を歌いました。
膨大なお金を寄付しました。
遊園地を作りました。
会いにいきました。
おもちゃを送ってあげました。

これは自分自身を癒す為だと思います。常に周りに子供達を置いておく事で少しでも隙間を埋めようとしていたのでしょう。
そう思えば、完全に共感することは難しくても、
彼がずっと子供に執着していた事は納得できるのではないでしょうか。
マイケルは子供が大好きなのは事実です。でも、性的な意味合いで好きであるという根拠はどこにもありません。
むしろ、子供を傷つけるようなことをすると考える方が不自然じゃないでしょうか。
実際に彼は「子供を傷つけるぐらいなら手首を切る」とまで言っています。

上手くまとめられませんが、この文章で少しでも彼に対する誤解が解ける事を祈っています。
長い文章をわざわ読んでくださったことに感謝しています。
過去形にするべき文章がそうでないのは、まだ彼の死をきちんと受け入れられないからです。
最後に、マイケルに興味を持った方は、是非彼の作品に触れてください。
私の文章よりずっと説得力があると思います。

トップへ戻る