Bad収録曲エピソードBest5

Bad25 ー それは、Badの製作関係者が、全ての収録曲にまつわるたくさんのエピソードを語ってくれる、ファン悶絶必至のドキュメンタリー番組。
そんなBad25のエピソードの中で私の独断と偏見によるBest5エピソードを紹介します。

第5位 Another Part Of Me


(Joe Vogel)
The song itself actually wasn't going to make it onto the album because he'd recorded it earlier.
And he actually preferred a song called Streetwalker.
The litmus test is always, what song gets Michael dancing?
So when Quincy saw Michael dancing all round the studio to
Another Part Of Me said, "That's what makes this song go on the album.

この曲はもっと以前にレコードしたものだから、実のところBadに入る予定じゃなかったんだ。
実際マイケルは"Streetwalker"という曲の方を気に入っていた。
リトマス試験(判断基準のこと?)はいつも、「マイケルはどの曲で踊るか?」だ。
だからクインシーが、Another Part Of Meに合わせてスタジオ中を踊り回るマイケルをみて、
「これがAnother Part Of Meをアルバムに入れる決め手だ。」って言ったんだ。

コメント:既にCaptain EOで公表されているアナパーよりも、Streetwalkerが有力だった。Streetwalkerもキャッチーでクールですよね。でもクインシーがマイコーの「本当のお気に入り」を見抜いた、運命的な瞬間ですね。


第4位 Liberian Girl


(Jerry Hey)
Quincy wanted some kind of African little intro thing here.
So this was Michael Boddicker on synth
and all these effects are kind of giving an African sunrise sort of thing.
クインシーはアフリカ風のイントロを作りたがった
Michael Boddickerが音の合成、全ての効果音を担当した
アフリカの日の出を連想するような仕上がりにしたんだ

(Nelson George)
I mean, people underestimated how radical that was.
Nobody else was writing songs about African women
as beautiful in 1987-1988.
これは凄く画期的な曲なのに、過小評価されてるよ。
1987-1988年に、アフリカ人女性の美しさを歌う曲を作る人は他に誰もいなかったんだから。

Here's the biggest pop star in the world,
who quote-unquote is making himself look white,
世界一のポップスターで、自分を白人に見えるようにしていると言われている
and yet he's very engaged with beauty and the idea of Africa as a site of beauty.
それでも彼は強い美意識があり、アフリカは美しい場所だと強く思っている
It's just speaks to the fact that Michael had a very strong African consciousness. He went to Africa a lot.
つまり、実際マイケルはアフリカ系であるという意識がとても強いんだ。アフリカに何度も行っている。
He was very engaged with the continent.
アフリカ大陸と強く結びついているんだ。

(Interviewer) Is there a Liberian girl in your life?
君には"Liberian Girl"がいるの?
(Michael Jackson)
No. I wrote that at my house, in the game room.
いや。この曲は自宅のゲームセンターで書いたんだ。
I guess I was playing some pinball or something.
ピンボールか何かをしていたと思うけど、
And the song just popped into my head.I think I ran upstairs, put it on tape and it became Liberian Girl.
突然曲が頭に浮かんで、多分上の階に駆け上がって、テープに吹き込んだものが"Liberian Girl"になった。

(John Barnes)
When it was created, it just happened like lightning.
この曲は、光のような速さで完成した。
It was just an instant thing.
即興だったんだ。
Normally, it took a lot of time to put things together.
いつもは、完成するまでに長い時間がかかるんだけど、
That one happened in three or four hours.
これは3、4時間で終わってしまったんだ。

(Bruce Swedien)
I'm a great believer in sonic fantasy. Not sonic reality.
僕はsonic fantasy(直訳:音の想像)を強く信じている。sonic reality(直訳:音の現実)じゃなくてね。
Sonic fantasy means creating a soundscape that exists only in your imagination. That only you can see.
sonic fantasyとは、自分の想像上にしか存在しない音の風景を作り出すことだ。自分にしか見えないものをね。
So I could see these incredible soundscapes, and I thought... Liberian girl is a perfect example.
私は素晴らしい音の風景を見ることができるんだ。Liberian Girlはその完璧な例だと思った。

(Miko Brando)
I played drums Speed Demon, Liberian Girl.
僕はSpeed Demon,Liberian Girlでドラムを演奏した。
That was good, Liberian Girl was a fun song to do
よかったよ。Liberian Girlは面白かったね。
because everyone would always ask me,
なぜならいつもみんなにこう聞かれたから
"Why did Michael write a song about a lady working in a library?"
「どうしてマイケルは図書館で働く女性の歌を書いたの?」
("Liberian"を「図書館(library)」と勘違いしている人が多かったということ)

(Cee Lo Green)
Yeah, there's a little sexy lady behind the counter with the glasses and the pencil in her hair.
そうそう、カウンターの奥に、メガネをかけて髪に鉛筆を刺した可愛いセクシーな女性がいて、
Then she drops her hair and does that thing.
髪を下ろして彼を誘惑する
I thought that's what he was talking about.
そんな歌を書いたんだと思ったよ

(Miko Brando)
No, that's not...
いやいや違う
That was just...he thought that was the funniest thing he's ever heard.
今まで聞いた中で一番おかしな話だね

コメント:聞くたびにうっとりして別世界につれていかれるLiberian Girl。アフリカ人の美しさに着目したという点で意義深いですね。図書館のお姉さんの歌でも面白いけど…

第3位 The Way You Make Me Feel


(Matt Forger)
So this is Michael singing multiple harmony parts.
 (楽譜を見せて)これはマイケルの多重コーラスのところだよ
This is Michael double-tracking, the mid, the low, the high parts.
ここは、それぞれ中音、低音、高音の二重録音だ。
There is actually ten tracks of Michael singing his own backgrounds on this song.
この曲ではマイケルの歌声が10種類も入っているんだ

You can hear the difference in sound quality from being out here
in the music room, to walking into the bathroom.
このスタジオからバスルームに入ると、音の質感が変わるのが分かるだろう。

Now this room was one of Michael's favourite places
because of the nature of the surfaces in this room.
マイケルはこの壁の特徴が好きで、ここはお気に入りの場所の一つだったんだ。
One of the things that we would do is we would record with the door to the shower open,
much more reflective, a lot of what we call early reflection,
a lot of brightness, a lot of reinforcement to how things sound.
我々が使った方法の一つは、シャワーブースのドアを開けて録音することだった
こうすると、もっと音が響いて、早期反射音というものが強くなり、更に明るく、強調されて聞こえるようになるんだ。

(Joe Pytka director of TWMMF dirty diana)
I met with Quincy, Quincy Jones and Frank,to find out what they were looking for in the video.
Quincy JonesとFrankに会って、ビデオはどんなものにするか相談したんだ。
And they said, basically, we want to take Michael to another level,
especially with his relationships with women.
彼らの大まかな意見は、マイケルを新しいレベルに持っていきたい、
特に女性との関係において というものだった。
And then I talked to Michael and I said, "Where do you want it to happen?" He said, "Skid Row."
そして私はマイケルに「どこで撮影したい?」と聞いたら、「Skid Row(スラム街のような、治安の悪い地区)」と答えた。

I did this little documentary about the guys on the street,
real, real stuff, and showed it to Michael.
ストリートにたむろする男たちを現実に忠実に撮影したドキュメンタリーを作ってマイケルに見せたんだ。
He looked at it and actually said,
"Can we make the video look like this?" Because it was all handheld and jerky.
映像を見て彼はこういったんだ。「こんな風に見えるようなビデオを作れる?」手取りでギクシャクした映像だったからね。
And I said, "If that's what you want. You're sure you want that?" He said, "yeah."
私が「君が望むのであればね。本当にこれでいいの?」と聞いたら「もちろん」と答えた。
And we actually used real gang members in the video.
ビデオには本物のギャングに出演してもらった。
We had the V13s down here on this corner
この角にV13(カメラの種類?)を置いて
and the Crips on this corner, and some of the guys were smoking
この角にはCrip(ロサンゼルスのギャングチーム)のメンバーがいて、タバコを吸ってる男が居たんだ。
and Michael came and he said, "Jo, the guys are smoking down there.
"It's kind of bothersome." And I just turned and said,"Will you fucking guys quit fucking smocking?!"
マイケルが私のところへやってきて「Jo,タバコを吸ってる人がいるよ。嫌だな。」と言ったから、奴らに向かって「おいクズども 今すぐタバコをやめろ」と言ってやった。
And Michael, he almost panicked, he almost hid behind me
because this is all these gang members,
we had cops everywhere, though. It wasn't a problem.
マイケルはパニックになりそうで、僕の後ろに隠れた。そこに居たのは本物のギャングだったからね。
でも、そこらじゅうに警察を配置していたから、問題なかったんだ。

When he sees the girl, he did a thing with his fingers going...
It happened once, my brother was operating the camera and caught it. I said, "Oh, my God, thank God."
マイケルがタチアナを見てから、指を鳴らす。
そのとき、僕の兄弟はカメラを回していて、手もとを撮っていたんだ。私は「やった。神様ありがとう。」と言ったよ

(Greg Phillinganes)
Michael had the best-sounding fingers, didn't he?
マイケルのfinger snapは最高じゃないか?

(Lisa Robinson)
I don't remember which song it is,
but on Bad he has a credit for finger snaps.
曲名は忘れたけど、BadのなかにマイケルのFinger snapsのクレジットがあったの。

(Vincent Paterson)
One of the most amazing moments that I remember was Michael walking,
walking, walking, and catches up to Tatyana,
and sings for the first time...
私が覚えている素晴らしい場面の一つは、マイケルがゆっくり歩いてタチアナに近づき、初めて歌うところだ
♪ You knock me off of my feet now, baby, hoo!
Everything stopped. We had to stop shooting because people just froze.They actually froze.
全てが止まった。撮影を一旦やめなければいけなかった。なぜなら、みんな固まってしまったから。本当に動けなくなったんだ。

(john Robinson)
To play a shuffle like that for 12 minutes is not easy.
こんなふうにシャッフル(ドラムのリズムの一種)を12分間叩き続けるのは簡単じゃないんだ。

(Joe Vogel)
Michael's mother, she has this song in mind.
She says, "Michael, you've got to come up with a song
"that has this real shuffling kind of rhythm."
この曲のアイデアを出したのはマイケルの母親なんだ。
「マイケル、本当のシャッフルリズムで出来た曲を作りなさい」と彼女は言って、
And Michael says, "OK, I'll see what I can come up with."
マイケルは「OK,考えてみるよ。」と答えた。

(Greg Phillinganes)
Shuffles have a unique rhythm. Most songs you hear are kind of linear.
シャッフルは独特のリズムだ。ほとんどの曲はリニアパターンで出来ている。
Shuffles have an extra rhythmic element going on.
シャッフルは他のリズム要素が加わっている。

(Ollie Brown)
You can have a cowbell underneath the backbeat to reinforce the sound.
バックビートの音を強調するためにカウベルを使っている。
None of the backbeat that you hear on that album
is going to have just a basic, typical snare drum sound.
普通のありきたりなスネアドラムの音だけを使ったバックビートは、このアルバムにはないんだよ。

(Bruce Swedien)
I recorded the drums on a wooden platform.
この木製のステージでドラムを録音した。
It minimises what is called secondary pick-up,
which is where the other mics in the room pick up from those sound sources.
ここでは、secondary pick-upといって、同じ部屋の他のマイクが音源から拾い上げる音が最小限になる。
And then we got the idea,
そこで我々は思いついたんだ
why doesn't Michael stand on that when he sings?
マイケルはここに立って歌えばいいんじゃないか?
And he did, and it sounds glorious.
やってみたら、とても美しく聞こえたよ。

(Tatiana Thumbtzen)
This was my first album ever as a little girl.
I cried and cried to my mom, begged her to please buy this for me.
I would play this like crazy, and dance with it.
I mean, this was a dream come true. This was something I had fantasised
and dreamed about since I was five or six years old.
これは私が生まれて初めて手に入れたアルバムよ。
ママに何度も泣きついて、「お願い買って」てせがんだの。
気が狂ったように聴き続けて、踊ったわ。
だから、夢が叶ったの。5歳か6歳の時から想像して、夢見ていたのよ。


The day of the audition, I wore a dance skin,
a black dress with boots and bracelets, bangles,
which was kind of like my signature thing at the time.
And I heard that Michael liked my look.
He liked the whole style of what I had done, so he kept that.
オーディションの日、私はダンサーっぽいスタイルで
黒のドレスにブーツ、ブレスレットとバングルをたくさんつけていったわ。
これが当時の私を象徴するスタイルだったの。
マイケルはこの格好を気に入ったと聞いたわ。
私のスタイルを丸ごと気に入ってくれたから、そのままにしたのよ。

(Joe Pytka)
We created a complete look for her.
Hair extensions, we changed her make up completely.
我々は彼女のルックスを完璧にした。
エクステをつけて、メイクを丸ごと変えたんだ。

(Vincent Paterson)
She seemed physically to be the female version of Michael Jackson.
彼女の体型はMichael Jacskonの女性バージョンのようだね。
There may have been, in his head, an interesting idea about,
Michaelの中ではこんな面白い考えが浮かんだんじゃないかな
"Wow! This is almost kind of my perfect complement."
「Wow!この子と僕は完璧なセットじゃないか。」

(Maraiah Carey)
I had two dresses at that time. One was pink, one was black.
And the black one was kind of reminiscent of a Tatiana dress.
That's the way I was living.
当時私の持っているドレスは2つだったわ。一つはピンク、もう一つは黒。
黒い方はタチアナのドレスにそっくりだったわ。
そんな風に生きてたのよ。

(Justin Beiber)
The Way You Make Me Feel video, um, you know, when he's chasing
the girl around, that was kind of how I pictured my Baby video.
The Way You Make Me Feeのビデオでは、マイケルが女の子を追い回してるよね。僕の"Baby"のビデオでも同じような感じなんだ。
We kind of based it off of that.
このビデオを基に作ったんだよ。
In my video, you can see I'm in a bowling alley
but it's kind of like a modern version.
I'm chasing her around, trying to get her to like me.
Babyのビデオでは、僕がボーリングにいて、今風な感じで、女の子を追い回して、好かれようとするんだ。

(Vincent Paterson)
Mike called me and said, "I told Joe Pytka,
"who's directing it, that I wasn't doing any dancing.
マイクが僕を呼んでいったんだ「監督のJoh Pytkaには、ダンスシーンは入れないつもりだと話したけど
"But the more I listen to it, I think I want to put some dancing in there.
曲を聞くうちに、ダンスを入れたくなったんだ。

"Could you go to a studio and work on some stuff,
"then I'll come in and join you."
スタジオにいって少し作ってくれないかな
僕も一緒にいって加わるよ

Joe came in to see, heard this music going on
and was like, "What the heck's going on in here?"
Joeがやってきて、ダンスパートの音を聞いたとき、
「一体何をしているんだ?」という反応だった。

I see this beautiful piece being choreographed,
美しいパートに振り付けが作られたけど
but the idea that I'd had for the video didn't have a place for that.
私のビデオ構想の中にはダンスシーンを入れる所がなかったんだ。
We had to very quickly improvise where to put that.
That's where the fire hydrant idea came from.
大急ぎで入れる所を作らなければいけない状況で、消火栓をつかうアイデアを思いついたんだ。

(Tatiana)
Fans were always bombarding me with the question,
ファンにはいつもこう責められたわ。
"Why does he chase you throughout the video only for a hug and not a kiss?"
「どうして彼はずっとあなたを追い回した後に、ハグだけでキスをしないの?」
Joe Pytka, the director, he whispered in my ear right before the
very last scene where we hug, and he told me, he said, "Don't kiss him."
監督のJoe Pytkaは、一番最後のハグシーンの直前に、私の耳もとで囁いて忠告したの「彼にキスするなよ。」

(Joe Pykta)
I thought the kiss was too corny.
キスだと凄くつまらないと思った。
I'm not even sure I wanted him to get that close.
I wanted him to maybe stop like here.
あの距離まで近づくことさえあまりよく思わなかった。
このくらいの距離(体が触れない程度)にして欲しかったんだ。
But it worked out with the caress and the hug.
だけど、体を触って、ハグするので上手くいったよ

He says, "Because you were originally supposed to kiss,
Joeは、「もともとキスする予定だったんだけど、マイケルは凄くシャイだから、やめておいて」と言ったの。
"but Michael is too shy for that so don't kiss him."
When Michael did finally come out and we got close and we hugged,
マイケルが最後に現れて、私たちが近づいて、ハグをしたとき、
I could smell like a minty, minty fresh scent from his breath.
彼の息からミントのような爽やかな香りがしたの
< That was a signal!
(スタッフ)それはOKサインだよ!
I kind of think he came prepared but...
私も彼がそのつもりかなと思ったんだけど
Being told not to kiss him, and that he couldn't handle it,
キスしちゃダメって言われたし、彼はすごくシャイで、困惑してしまうと聞いていたから
he was too shy, I didn't want to take advantage like that.
積極的になりたくなかったの。

(Vincent Paterson)
Oh, listen, Tatiana was not shy. She was not a shy girl.
タチアナはシャイじゃない。シャイな女の子じゃなかったよ。
And in fact, going on with this story is little bit,
she was told, "Definitely don't kiss Michael onstage."
実は、この話を少し続けると、彼女は「絶対にステージでマイケルにキスしちゃだめだ」と言われたんだ。

(Joe Pykta)
He was complaining she'd become too aggressive on stage and everything.
マイケルは、タチアナが本番中やプライベートでも、積極的すぎるって愚痴を言っていたんだ。
I made a joke, "Is this going to be X-rated, this thing?"
冗談で「じゃぁ年齢制限をつけるか?マイケル、タチアナとやっちゃえば?一晩だけ。
I said, "Michael, why don't you just go fuck her? Fuck her one night.
"Get it over with."
気にするなよ
He started laughing and Frank said, "What the hell are you doing?
"I've got enough Goddamn trouble without you trying to get him
"involved with this girl."
マイケルは笑い出して、Frank(当時のマイケルのマネージャー)は「一体お前は何をしているんだ?
ただでさえ面倒なことをたくさん抱えているのに、あの子とマイケルを近づけようとするのはやめてくれ。」と怒った。

コメント:とにかく盛りだくさんな内容です。本編はもっと長いです。歌、ドラム、楽器、リズム、ダンス、ビデオの雰囲気作り、タチアナ、絡みシーン…思い入れいっぱいですね。ダンスシーンは噴水だと思っていたけど、消火栓だったのね。


第2位 Man In The Mirror





(Quincy Jones)
We kept talking about how nice it would be to get an anthem
that had a good feel to it, you know, just like
some sunshine on the world.

私たちは、良い気分になるような「賛歌」をアルバムに入れられたらとても素晴らしいだろうと言い続けててたんだ。
世界に光を照らすような曲をね。

(Jason King)
Whitney Houston's second solo album was storming the charts
and I think she provided a little bit of heat,
and I think that the label was concerned about how to kind of
appeal to this audience that had gravitated to Whitney Houston.

Whitney Houstonの2作目のソロアルバムがチャートを賑わせていた。
私は、彼女がいくらか熱気を与えていて、レーベル側はWhitney Houstonに引き込まれたリスナー達をどうやって取りもうかと模索していると思った。

(Siedah Garrett)
Went to Glen Ballard's house, who was my writing partner at the time,
I said, "This is what Quincy wants".
He said, "Well, let's just see what we come up with".
He stands up, goes over to the keyboard,
turns on the keyboard
and starts playing...
So I'm flipping through my lyric book...
While he's playing these...
Just getting sounds on the keyboard.

Glen Ballardの家に行ったの。そのとき彼と一緒に曲を書いていたわ。
「クインシーはこういうのが欲しいって」と私が言ったら
「うん、とりあえず思いつくままにやろうか」と彼が言ったの。
彼は立ち上がり、キーボードに向かって、電源を入れて、弾き始めた。
それで私は自分の歌詞ノートをパラパラめくっていたの。
彼がキーボードを弾いている間ね

Cut to two years before this meeting.
I'm writing with John Beasley, jazz pianist.
His phone rings,
and he picked the phone up instead of letting the machine pick it up.
"Yeah, what's happening? I'm not doing nothing.
And I'm thinking, "He's doing something!"
And I'm flipping through my book,
no, he didn't say he's not doing nothing. No, he didn't.
So I'm flipping through this book and I hear him say, "The man?"
"What man? Oh, the man in the mirror."
I wrote, "man in the mirror".

この2年前のこと
私はジャズピアニストのJohn Beasleyと曲を作っていた。
彼の電話が鳴ったとき、留守番電話にせずに電話に出たの。
「やあ。どうしたの?僕は何もしてないけど」
「仕事してるじゃん!」私は思ったわ。
その時私はノートをペラペラめくりながら
違う、何もしてないなんて言ってない。言ってない…
なんて考えていたら、彼が「その人?」「なんの人だって? ああ、鏡の中の人ね」
というのを聞いたの。
「man in the mirror」とノートに書いたわ。

So two years later, I'm at Glen's house and the phrase
"man in the mirror" just popped out at me
and I started writing these lyrics
that I couldn't write them fast enough,
I couldn't get it all out fast enough and in like, 15 minutes,
we had the first verse and the chorus for Man In The Mirror.
"I'm certain there will be a change
"and starting with that man in the mirror..."
The lyrics evolved into what they are,
but these are the humble beginnings.

その2年後、Glenの家で、「man in the mirror」という言葉が突然頭に浮かんで、
歌詞を書き始めたの。
速く書けなくて、全部書き出せなくて、15分ぐらい経ったところで、
Man In The Mirrorの1番とサビの部分が完成したわ。
"I'm certain there will be a change and starting with that man in the mirror..."(ノートに書かれた歌詞)
この歌詞は完成系に変わっていくんだけど、これがささやかな始まりよ。

Glen said, "You go finish the lyrics,
"and I'll finish the track and we'll demo the song on Friday".
Friday night we finished it after the Quest publishing was closed.
So I called Quincy at home.
He said, "I'm having a meeting, I can't...
"You can't drop it off. Just take it to the office on Monday."
I said, "I...I can't wait till Monday.
"Let me just, let me just drop it... "Sied..." "Quincy, let me just..."
"All right, shit."
And I go to his house...
I give Quincy this really quickly, this cassette, I say just,
"All I ask is you just call me as soon as..."
He said, "All right, shit".
Two, three hours later, I get a call and Quincy goes,
"Sied, this is the best song that I've heard
"in ten years".
- And I'm like...

Glenは「君は歌詞を完成させておいで。僕は作曲を終えて、金曜日にデモを作ろう」といった。
金曜日の夜、Quest publishing(クインシーの事務所?)がしまった後にデモを作り終えたの。
Quincyの家に電話したら「会議中だ。受け取れないよ。月曜日に事務所に持ってきて」と言われたけど
「月曜日まで待てない。お願いだから持っていかせて…」「静かに。」「Quincy、お願いだから…」「わかったよ。黙って。」
それで彼の家に行き、すごい速さでこのカセットを渡してこう言ったの。
「どうかなるべく早く電話を…」
「わかったよ。静かに」と彼は答えた。
2、3時間後に電話をもらった。クインシーはこう言ったの。
「Shied(サイーダの愛称)、この10年聞いた中で一番の曲だよ」
(サイーダ渾身のガッツポーズ)

a willow deeply scarred...

I got that image
cos I was walking down the street in New York, walking past
this brownstone that had been torn down and it was fenced.
Just a lot with broken glass
and this tree...
that someone had carved their initials into this tree...

私にはこの景色がわかるわ。
なぜならニューヨークの通りを歩いているとき、
取り壊された茶色いレンガの建物の横を通りかかったの。
フェンスで覆われていたわ。割れたガラスがたくさんあって
ある木を見つけたの。だれかがその木に自分のイニシャルを彫り込んでいた…

(John Branca)
It was really a great song from inception,
but I think what Michael did is he took that song
and he made it his own.

この曲は最初から名作だったんだ。
だけどMichaelはこれを取り込んで、自分の作品にしたと思う。

(Jason king)
In popular music, there's often this idea that you are either
the songwriter of your own material or you are the interpreter.
The interesting thing about Michael Jackson is that he was both.
You may not even know what he's talking about,
a broken bottle top, all kinds of images are floating,
but it's the conviction and the fervour with which
he brings to the song that is really spectacular.

ポピュラー音楽では、本人が自作した曲を自分で歌うか、他人の曲を解釈して歌うかのどちらかと思われることが多い。
Michael Jacksonの面白いところは、そのどちらにも当てはまるってことだ。
聞き手は、彼が何の話をしてるかさえわからないかもしれない。
壊れたビンの先(a broken bottle top)とか、あらゆる情景が浮かんでいるよね。
だけど本当に素晴らしいのは、彼がこの曲に込めた信念と情熱なんだ。

マンミラはホイットニー人気と、神のお告げとも思える不思議な偶然から生まれた曲なんですね。
サイーダの表情が生き生きして、くるくる変わって何回見てもおもしろいパートです。
クインシーお願いお願いまじで頼む…  おっしゃー!!!  
のしぐさを見てると、こんな立派な人でもお茶目な部分があるんだ… 親近感が湧きました。
Man In The Mirrorに出てくる寂しげな景色は実際にサイーダが目にしたものなんですね。
マイコーはその場にいなくても、サイーダの感覚を理解して、それが何を表現しているか、
一つ一つ魂をこめながら語っている。
そして「Best song in ten years」が更に素晴らしい曲になる…感動的なお話しです。
ちなみに「brownstone」は、昔建築素材として使われていた赤茶色のレンガで、
brown stoneの建物が残っている街並みは景観の美しさから保護されていたり、観光スポットになっているそうです。

第1位 Dirty Diana




I got a phone call out of the clear blue from Quincy and I thought somebody was fucking with me.
So he goes, "Um...it's Quincy Jones.
"We're working on Michael's follow-up to Thriller. We've got a rock track."
I'm not a session guitar player, man. I don't, you know, I'm not that world.
So I said to Quincy, "The only thing I ask is that Michael "be in the studio and we work together."
He said, "Of course he'll be in the studio. It's his fucking record, man. He's going to be in the studio."

クインシーが何の前触れもなく電話をくれたもんだから、俺はからかわれてると思った。
それで「ええと…クインシージョンズだ。マイケルのスリラーの次に取りかかっていてね。ロックの曲があるんだ。」と言われた。
俺はスタジオで演奏するだけのギタリストじゃない。そういう仕事はしないんだ。
だからクインシーに言った。「条件は一つだけ。マイケルもスタジオにいるなら一緒にやるよ。」
するとこう言われた「もちろんいるさ。すごくかっこいい曲なんだ。スタジオには来るよ。」

I opened up the studio door in Westlake and three guys,
Bruce Swedien, the engineer, Quincy Jones and Michael Jackson,
and the first thing I noticed was Michael had penny loafers on and they were like pristine and I was like,
"I'll be all right. He's wearing penny loafers.”

ウエストレイクにあるスタジオの扉をあけたら、3人の男がいた
エンジニアのブルーススウェーデン,クインシージョーンズ、そしてマイケルジャクソンだ。
俺はマイケルがいつものローファーを履いてることに真っ先に気付いて、それが新品みたいだったから
「きっと大丈夫だ。マイケルがいつものローファーを履いてる。」と思ったんだ。

This is the actual guitar that I recorded Dirty Diana with.
By and large, I'd say it's probably been in the case.
Maybe it's only been opened one time,I don't really play this kind of guitar that much.
The backing track was about eight minutes long
and as the track is playing down, Michael is like right here and he's going…


これがDirty Dianaのレコーディングに使ったギターの実物さ。
いつもは、ケースにしまったままだった
一回しか使ったことがないかもしれないな。こういうタイプのギターはあまり弾かないんだ。
伴奏は大体8分ぐらいだった。
伴奏に合わせて、マイケルはすぐ近くで歌ってたんだ

And he was really adamant there's that little space
on the third phrase, it's a subtle thing
and I didn't catch it right away.
That little thing was so important to Michael, to catch that little space there.
I was like, "Why is he making such a big thing about it not playing?"
It's brilliant though. It's as important what you don't play as what you do play.

彼は、ある部分のわずかな「間」にすごくこだわってた
3番目のフレーズのところだ。小さなことなんだ。
だから俺はすぐに理解できなかった。
この小さな違いがマイケルにとってすごく大切なんだ。少しの間を作ることがね。
「ここで音を止めることがどうしてそんなに大事なんだ?」
鋭い答えだったよ。弾かないことは弾くことと同じくらい大切だとさ。

マイコーの曲作りへの熱意が生き生き伝わってくるお話だったので、一番に選びました。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
Bad25では他にも面白い話&映像が盛りだくさんです。アルバム名候補はBadではなかった?ジャケット撮影秘話、プリンスとの微妙な関係、天井から降りてくるシーンの種明かし、CMでマイコーがレーズンになった?、Just Good Friendsのあまりにもぞんざいな扱い、Smooth Criminalで激しく連呼されるAnnieの正体などなど…
個人的には、マイコーのダンスリハーサルとヴォイストレーニングの様子がちょっと覗けたのが嬉しかったです。
音声が全て英語で字幕もないので、英語苦手な人は大変です。映像だけでも楽しめますが、"Bad 25 script"と検索すると字幕のデータが手に入るかもしれないです。
残念ながら、?uest loveの頭に何が刺さっているのかは謎に包まれたままです…